スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラック→ホワイト 

 今日は、マ王!第26話「巡る命の果てで」の感想です。
 今日のお話はジュリアさんを失って、果てしなくブラックになってたコンラッドが、幼いユーリに会って、ホワイトに戻ると云うお話だったのですが、イヤァ、次男ってば若い!コンラッドの若かりし頃の姿を見て、思わず頬の筋肉が緩んじゃいましたよ!!(^∇^)それにしてもホンと、次男がブラックでしたよね…。で、次男はジュリアさんの事を「特別な人だ」と言ってたのですが、アナタ、「特別」ってどんな意味で言ってるのよ~!?と、ツッコミを入れたかったですよ。や、やっぱり、あ、○○してたんでしょうかね~?まあ、それはさて置き、今回の注目するべき点はジュリアさんの魂と、●●の魂がご対面する場面&コンラッドの「全ての者の太陽となりますように」の台詞と、○○の魂を預かってたドクター・ロドリゲスの「太陽に寄り添う者、となりますように」の台詞を言う場面でしょう。(^∇^)こうして見ると、ユーリと●●は生まれる前からのお知り合い、もとい親友だったのですね~。
 以上、今週の次男と陛下&○○○についての感想でした。(笑)
スポンサーサイト
[ 2005/09/01 10:09 ] まるマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robin73.blog6.fc2.com/tb.php/78-40550eda









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。